official web site | このサイトについて | サイトマップ | 免責事項 |

サイト内検索 powered by Google

事業概要

概要

 京築地区は、福岡県の北部に位置し温暖な気候で農林漁業を中心とした産業が発展した地域です。
 水道水源は油木ダム域内の中小河川の表流水及び地下水で供給していますが、地形的、水利的な制約や河川の流路が短いなどが原因で渇水期には深刻な水不足が発生する地域でもあります。


 企業団の構成団体は水道事業5団体、簡易水道3団体で給水普及率は福岡県平均の92.8%、全国平均の97.5%に比べると非常に低い70.8%です。(平成21年度末現在)
 一方、当地区における企業の進出、都市化の発展、さらに近年の生活様式の多様化、高水準化等に伴い基礎資源である水の需要は年々増大しています。


 このような水需要の増大に対処するため、広域的な見地から福岡県が策定した京築地域広域的水道整備計画に基づく水資源の有効利用及び水道施設の効率的な運用を図る目的で行橋市、豊前市、苅田町、豊津町、椎田町、吉富町、築城町、新吉富村で地方自治法(第284条)の規定に基づいた一部事務組合組織である京築地区水道企業団を平成2年9月20日に設立したのです。


 当企業団事業の中枢部門として平成4年度から着手し、平成9年に完成した湯の川内浄水場は、耶馬溪ダムを水源として1日最大10,000立方メートルの浄水能力を有し、1日9,500立方メートルの水を2市5町(行橋市、豊前市、苅田町、みやこ町、吉富町、上毛町、築上町)に水道用水として送水管により供給しています。
 送水管延長は69.934kmで、うち耐震適合性のある管路延長は44.203km(ダクタイルNS形管・ダクタイルK形管・鋼管)です。残りの管路延長25.731kmはダクタイルA形管です。
 また、湯の川内浄水場については、平成23年度に耐震診断を行っており、耐震化が課題となっています。
 今後における企業団の主な事業は平成29年度完成予定の伊良原ダム水系の横瀬浄水場建設です。


経路図

 京築地区水道企業団では、耶馬溪ダム及び伊良原ダム(計画)からの水を浄水し、各構成団体配水池へ水道用水を送っています。
 この図は、ダムから各市や町の配水池までの水の流れを示しています。

用水供給経路図


各構成団体への送水量

 

  吉富町 上毛町 豊前市 築上町 みやこ町 行橋市 苅田町
現在 500 350 3,750 1,400 500 1,900 1,100
計画 650 800 6,400 2,510 3,070 3,800 1,770

(単位:立方メートル/日)


ダム概要

 耶馬溪ダム及び伊良原ダム(計画)の概要は下記のとおりです。
この表は、耶馬溪ダム及び伊良原ダム(計画)の簡単な施設概要をまとめたものです。

ダム名称
耶馬溪ダム
伊良原ダム(計画)
所管
国土交通省
福岡県
位置
中津市耶馬溪町大字柿坂
みやこ町犀川下伊良原
河川名
山国川水系山移川
祓川水系祓川
型式
重力式コンクリートダム
重力式コンクリートダム
堤高
62.0m
81.3m
堤頂長
313.0m
295.0m
堤体積
395,000立方メートル
419,000立方メートル
集水面積
89.0k㎡
36.8k㎡
湛水面積
1.1k㎡
1.22k㎡
洪水時満水位
EL 175.0m
EL 211.7m
常時満水位
EL 162.0m
EL 201.0m
有効貯水容量
21,000,000立方メートル
27,500,000立方メートル
日最大取水量
10,000立方メートル/日
10,000立方メートル/日

送水管経路図

 この図は、ダムや浄水場や配水池などの施設及び水を運ぶための水道管が通っている箇所を示しています。
 送水管経路図のPDFはこちらをクリック。

送水管経路図


前のページにもどる このページのトップへ

CONTENTS

メインコンテンツボタンの表示には、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

adobe_flashadobe_reader京築地区水道企業団webpageの閲覧には、FLASHプラグインが必要です。 また、一部のコンテンツにPDFを使用しています。 PDFの閲覧には、Adobe社が無償提供している「AdobeReader」が必要です。これらを利用する場合、右のサイトからダウンロードすることができます。
京築地区水道企業団(交通アクセス)
〒828-0004 福岡県豊前市大字馬場336番地 TEL:0979-83-4858 FAX:0979-82-5199
(受付時間:午前8:45~午後5:00、土、日、祝祭日、年末年始を除く。)